今後の主流になるかも?分散型暗号通貨取引所(DEX)について

      2018/11/20

今後の主流になるかも?分散型暗号通貨取引所(DEX)について

 

こんにちわ、キャンティです。

先日のコインショックについての記事ではウォレットから直接取引ができるDEXというものについて言及しましたがここで詳しくまとめていきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)などの現在主流の仮想通貨取引所は一般的には中央集権型暗号通貨取引所と呼ばれるものです。このシステムは言わずもがなユーザーが一旦通貨を預けてから取引をするという手順となります。

それに対して分散型仮想通貨取引所(DEX)とはユーザーが通貨を預けることなく取引が出来る取引所のことを差します。

 

 

DEX(Decentrialized EXchange)

日本語では分散型暗号通貨取引所。ブロックチェーンのプラットフォームを利用して信頼を保証しながら個人間(ピアツーピア)で取引ができる取引所のことです。

このシステムの非常に優れている点は仲介する管理者がいないので取引所に個人情報を確認することなく取引ができることです。これはブロックチェーンによって信頼が保たれているということであり、ブロックチェーンを有効(トラストレス)に活用した一つの例と言えるのではないでしょうか?

分散型にすることのメリットとしてはもちろん資産を預けることなく取引ができるということであり、ハッキングなどという第3者の行動(落ち度)によって資産を失うリスクを限りなく0に近づけることができる点です。

 

 

DEXの欠点

とはいえ分散型仮想通貨取引所(DEX)はまだまだ発展途上の分野であり、使い勝手がいいとはいえないのが現状です。現在稼動している取引所は初心者には少し敷居が高いと言わざるをえません。

また手数料が中央集権型に比べて割高だという点も欠点のひとつですが、これに関してはセキュリティをお金で買うと思えば許容範囲でしょう。頻繁に売買するのであれば資金力のある中央集権型取引所を利用したほうがメリットのほうが勝るかもしれません。

 

 

DEXの今後

先日のコインショック以降、他の通貨ンに比べてイーサリアム(ETH)だけが好調のように見えます。他の通貨は軒並BTCチャートに似た動きをしています。

2018/1/29 BTCチャート

2018/1/29 ETHチャート

あくまでも可能性ですがイーサデルタ(Ether Delta)という分散型取引所が勢力を拡大しているせいかもしれません。(もちろん先日の格付けの影響もあるでしょうが)

と思ってしまうほどのポテンシャルをDEXは秘めています。

今はまだ完成度も認知度も需要に追いついていない状態ですが、今後は間違いなく仮想通貨取引所の主流となるはずです。

もしかしたら証券や先物の取引所もとって変わられてしまうかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 - 仮想通貨 , , ,