【最新】人気格安SIMのおすすめランキングまとめ|格安スマホ

      2018/12/04

【最新】人気格安SIMのおすすめランキングまとめ|格安スマホ

 

節約をするなら絶対にはずせない「格安SIM」、「格安スマホ」という家計のカテゴリー。

「docomo」、「au」、「softbank」といった大手キャリアを利用しているなら、格安SIM業者に乗り換えるだけで日々の努力をすることなく大きく月々の家計を節約できます。

大手キャリアの平均的な利用金額はデータ量5ギガのプランで月々8,000円とされています。

これを年間にすると約96,000円ものスマホ代が家計として必要な金額となります。

この金額には通話し放題もふくまれている計算となりますが、試しに格安SIMでざっと計算してみるとどうなるでしょうか?

格安SIM業者のmineo(マイネオ)では6ギガのデータ+音声通話付きのドコモ回線を利用するプランで月額2,280円。

通話する時にLINEやSKYPEなどのアプリをうまく使えば通話料もある程度抑えることができるので、かなり多く見積もっても2,000円といったところでしょうか?

これを年間で計算すると51,360円。

大手キャリアとの差額は一月で約4,000円、一年間で約45,000円ほどになります。

ちなみに自宅のWIFIをうまく使うなどの工夫をすればさらに節約額を増やすことも可能です。

 

 

格安SIM(通称MVNO)とは

格安SIM業者とは、docomoなどの大手キャリアから回線を借り受けて、独自のサービスと価格で通信網を提供する事業者のことです。(通称MVNO)

通信設備の維持費がかからないため、消費者に格安でデータ、音声通信を提供できるので一般的に「格安SIM」と呼ばれています。

格安SIMは使用するデータ量に応じてプランを選ぶことができるうえに、ほとんどの業者で大手キャリア特有の「2年しばり」というものがないので、節約するのはもちろん、大手キャリアに比べて気軽に契約、解約することができるのも大きなメリットです。

※キャンペーンやプランによっては2年しばりが発生するものもありますのでご注意下さい

 

 

格安SIMの電波状況

格安SIM業者はUQmobileをはじめ現在かなりの数がありますが、基本的にはdocomo、au、softbankの大手3社の回線を借りてサービス提供をしています。

よって格安SIMだからといって電波状況が悪くなるといったことはまずありません。docomo回線を使用している業者ならばdocomoの電波が届く範囲でそのまま利用することができます。

 

 

格安SIM業者の通信速度

通信速度については各社でかなりの差があります。

その時々の利用者数と各社の基本速度によって通信速度は日々変わりますので、格安SIMを利用するならどの業者が通信速度が安定しているかどうかという点は気にしておきたい部分です。

飛びぬけて回線が早いのはUQmobileと言われてますが、その他の通信業者でも動画を見るなどの用途でなければ特に気になることもないでしょう。

 

 

格安SIMの利用プラン

格安SIMの利用プランには基本的に通話音声付きプランとデータ通信専用プランの2種類のプランがありますが、スマホ代を節約という観点で利用するならば通話音声付のプラン一択となるでしょう。

データ通信専用プランでは通話をすることができないので普段使っているスマホの代わりにはなりませんからね。

当サイトでは通話音声付きのプランでの比較をベースにランキング形式にしています。

 

 

格安SIM業者の使い方と具体的な節約の方法

外出先で動画を見るなどのデータ通信を利用するならば月の利用データ量が多目のプランを、動画を見るのは家だけという方はデータ量が最小のプランを契約してから、家のwifi経由でネットワーク接続するとかなりスマホ代を節約できます。

通話料金については「LINE」や「Skype」などのデータ通信で通話できるアプリを利用して節約するのがおすすめです。

また、各社一定時間での通話料無料サービスを提供している業者もあるのでそれをうまく利用するというのもひとつの手です。

 

 

大手キャリアを使うメリット

確かに格安SIMを利用すれば月々の通信費を大幅に節約することができますが、スマホの利用状況によっては節約どころか逆に割高になってしまう人もいます。

それはズバリ

長電話をよくする人

です。

現在大手キャリアは通話し放題というのが基本的にプランの中に入っています。

一度の電話で30分位おしゃべりしてしまう人はおそらく大手キャリアの通話し放題を使い続けたほうがお得でしょう。

格安SIMにも10分通話無料やアプリの「LINE」などを使ってデータ通信で通話することもできますが、いちいち通話時間や通信量に気を使うのはハッキリ言って面倒くさいです。

それならば月々の料金が多少高くても通話料金を気にする事なくおしゃべりできたほうが絶対に楽しく通話できますよ。

唯一「LINEモバイル」だけはLINE通話がデータ量なしで利用できるので、実質通話し放題といってもいっても過言ではありません。

通話時間が長い人が乗り換えるならば、断然「LINEモバイル」をおすすめ致します。

 

 

格安SIMおすすめ人気ランキング

いざ格安SIMを使うのであればいったいどの業者を利用するのがいいのでしょうか?

以下に本当におすすめの格安SIM業者をランキング形式でご紹介致します。

 

 

1位 mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

顧客総合満足度やiPhone利用者シェア第1位!他にも多くの賞を受賞しています!

通信速度に関してはドコモプラン(docomo回線)を使用すれば格安SIM業者の中でもかなり快適な通信が可能です。

実際に筆者は「UQmobile」と「mineo(マイネオ)のドコモプラン」どちらも1年以上利用したことがありますが体感的な違いは全くなく、どちらも不便に思ったことはありません。

mineo(マイネオ)独自のサービス「フリータンク」というユニークな機能があり、月々の余ったデータを人にあげたり貰ったりすることができます。

また、mineo(マイネオ)には最低利用期間というものがないため即解約したとしても違約金がかかりません。これは自社サービスに対する自信の裏返しでもあります。(大手キャリアでは適切なタイミングで解約手続きを行わないと違約金が発生します)

※1年以内にNMP(ナンバーポータビリティ)転出をした場合は割高になりますのでご注意ください。

通話料金に関しては他の格安SIMと同じですが、オプションで「(mineoでんわ)通話料が30秒10円」「(mineoでんわ)10分以内の通話無料」というサービスがあります。

しかし「mineoでんわ」というアプリを経由しないといけないという手間が若干面倒なうえに通話品質も評判がよくありません。同じ手間ならLINE通話などを利用してデータ通信量での通話をするほうがおススメですよ。

 

 

auプラン (Aプラン)

基本データ容量 シングルタイプ(データ通信のみ) デュエルタイプ(データ通信+音声通話 通信回線
500MB \700 \1310 au
3GB \900 \1510 au
6GB \1580 \2190 au
10GB \2520 \3130 au
20GB \3980 \4590 au
30GB \5900 \6510 au

 

docomo(ドコモ)プラン (Dプラン)

基本データ容量 シングルタイプ(データ通信のみ) デュエルタイプ(データ通信+音声通話 通信回線
500MB \700 \1400 docomo
3GB \900 \1600 docomo
6GB \1580 \2280 docomo
10GB \2520 \3220 docomo
20GB \3980 \4680 docomo
30GB \5900 \6600 docomo

 

 

 

mineo(マイネオ)まとめ

顧客総合満足度やiPhone利用者シェア第1位!

料金プランも格安SIM業界の中でもトップクラスの安さを誇ります。

電波状況に関しては、docomoプランが非常に安定しているのでおススメ。

フリータンクという機能があり、他のユーザーとデータ通信量を分けあうことができる。

 

●紹介キャンペーン実施中

  • 紹介したあなたも、紹介されたあなたもAmazonギフト券1,000円分をもれなくプレゼント!

 

待ち時間なし、不要なオプション加入の必要なしのWeb申し込みがおすすめです。

mineo(マイネオ) 公式ページへ

 

 

2位 LINEモバイル

最高にSNSに特化した格安SIM!

多数の端末を分割払いで購入することも可能で、人気のiPhoneシリーズもラインナップに含まれています。

LINE,Facebook,Twitter,instagramのデータ消費が0になる「コミュニケーションフリープラン」があるので、これらを多く利用する方には最もおススメの格安SIMです。

その他にも月額880円で10分以内の通話料が無料になるプランや、LINE MUSICが定額で利用できるプランもあります。

筆者的にはSNSデータ量が無料になる「コミュニケーションフリープラン」を利用して、通話はLINE通話メインにするのがおすすめです。

余ったデータは翌月の繰り越すこともできるというのもうれしいポイントですね。

電波状況には、docomoとsoftbankの回線を使っているのでカバーしている範囲は普通のスマホと変わりません。

通信速度に関してはdocomo回線だと込み合う時間帯(ランチタイムや夜の0時前後)で著しく低下することがあるようです。

しかし、softbank回線を利用すれば格安SIMの中でも上位レベルで安定した速度を出すことができます。(最低1Mbps以上をキープするキャンペーンを行うほど回線に自信があるようです)

LINEモバイルではsoftbankの回線を利用すれば安い利用料金と早い通信速度、そしてSNSデータ量無料という非常に優れた格安SIMとなります。(なんといっても格安SIMの弱点である通話料をLINE通話で補えるのですから)

 

 

LINEフリープラン

基本データ容量

データSIM(データ通信のみ)

音声通話SIM(データ通信+音声通話) 通信回線
1GB \500 \1200 docomo, softbank

 

コミュニケーションフリープラン

基本データ容量 データSIM(データ通信のみ) 音声通話SIM(データ通信+音声通話) 通信回線
3GB \1110 \1690 docomo, softbank
5GB \1640 \2220 docomo, softbank
7GB \2300 \2880 docomo, softbank
10GB \2640 \3220 docomo, softbank

 

 

LINEモバイルまとめ

2018年8月から大幅にサービスを向上中の格安SIM!

料金プランも他社とさほど変わらないうえにLINE通話を含む大手SNSのデータ利用料が0のプランがあるので、LINE通話を上手に使えば月々の利用料を2000円程度に抑えることもできちゃいます。

通信速度は、softbankの回線が増強されており非常に快適。docomo回線は一般的な格安SIMの通信速度です。

子供を有害サイトから守るための無料のフィルタリングオプションもあるので、LINEフリープラン(\1200)とフィルタリングオプションでお子様用に回線を契約するのもオススメです。

 

●3ヶ月間1390円割引キャンペーン

  • どのプランでも月額料金が3ヶ月間1390円割引。
  • LINEフリープラン1GBは3ヶ月間900円割引です。
  • 2018/11/7(水)~2019/1/31(木)
    ※2019/1/31(木)までに利用開始日を迎える必要があります。
    ※家電量販店で契約をする場合は、2019/1/30(水)までにお申し込みください。

 

待ち時間なし、不要なオプション加入の必要なしのWeb申し込みがおすすめです。

LINEモバイル 公式ページへ

 

 

3位 UQ mobile

UQmobileはとにかく格安SIMの中でも回線速度がダントツで速いのが特徴です。

人気の[iPhone6],[iPhone7],[iPhone8],[iPhoneX]が端末代込みで利用できるプランがあります。(もちろんiPhone以外の端末を購入できるプランもあります)

安定した速度の格安SIMでiPhoneを新しく購入する予定ならば「UQ mobile」がおすすめですよ。

利用プランに関しては通話料が5分間無料のプランや、月の通話時間が60分~無料のプランなど、ご利用スタイルに合わせて細かく選べぶことができます。

通話料無料のプランをメインプランとしていますが、サイトを探せば他の格安SIM業者のようにデータ通信のみのプランやデータ通信+音声通話(無料通話なし)プランもあります。

あまり通話をしない方は無料通話が付いていないプランを利用すると月々の基本利用料を抑えることができますよ。

他の格安SIMと違い「増量オプション2年間無料キャンペーン」利用時には「2年しばり」があるのでそこだけご注意下さい。

 

おしゃべりプラン 5分以内の国内通話が何度でも無料

データ量

シングルタイプ(データ通信のみ)

デュエルタイプ(データ通信+音声通話)

回線

プランS

※最大3G/月

(26ヶ月目以降は1GB/月)

\1980 au
プランS

※最大9G/月

(26ヶ月目以降は3GB/月)

\2980 au
プランL

※最大21G/月

(26ヶ月目以降は7GB/月)

\4980 au

 

ぴったりプラン 月々合計で最大180分(7200円分)の通話料が無料

料金プラン データ量 無料通話分 月額料金 回線
プランS

※最大3G/月

(26ヶ月目以降は1GB/月)

※最大60分/月

(26ヶ月目以降は30分/月)

\1980

au
プランM

※最大9G/月

(26ヶ月目以降は3GB/月)

※最大120分/月

(26ヶ月目以降は60分/月)

\2980 au
プランL

※最大21G/月

(26ヶ月目以降は7GB/月)

※最大180分/月

(26ヶ月目以降は90分/月)

\4980 au

※は「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用時

 

 

UQ mobileまとめ

2018年9月現在で回線の安定度は間違いなく格安SIMナンバーワン!

料金プランは総合的にみると最安の格安SIMと大手キャリアの中間といったところでしょう。とはいえ年間で見ると大手キャリアよりもかなり節約することができますよ。

敢えて欠点をあげるならキャンペーン適用時の2年しばりがあるのが他の格安SIMに比べると劣るということです。

長く使うことが前提で格安SIMに乗り換えたいけど通信速度に不安があるという方におすすめの格安SIMです。

サービス体制がしっかりしており、電話サポートもすぐにつながるのも高評価できるポイントですね。

 

●キャッシュバックキャンペーン

  • 端末セット⇒プランL:13,000円 プランM:12,000円 プランS:11,000円
  • SIMのみ  ⇒プランL/M:13,000円 プランS:10,000円(2018/07/26~)
  • BroadWiMAXをセットでお申し込みしていただくと
     +12000円キャッシュバック

 

待ち時間なし、不要なオプション加入の必要なしのWeb申し込みがおすすめです。

UQ mobile 公式ページへ

 

 

4位 iijmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)を提供する株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、設立20年以上、通信とネットワークの先進の技術で信頼と実積を積み重ね、日本を代表する通信会社として成長を続けてきました。

iijmio(みおふぉん)の特徴はなんといっても通信速度が安定しているという点です。

他の事業者ではユーザーが増えるごとに通信速度が下がってしまうということが少なくありません。

しかしiijmio(みおふぉん)は時期に関係なく一定して安定した速度での通信を提供することに力を入れており、それによって信頼を得ています。

プランが2種類あるのですが、auプランよりもdocomoプランのほうが比較的通信速度が安定していると言われています。

評価したい点はバースト機能です。

バースト機能というのは簡単に言うと、高速データ通信の利用可能データ量を使い切ってしまったときでもニュースなどの軽いサイトであればすばやく表示してくれる機能です。

バースト機能に加えて、データ量の翌月繰越もできるのでこれらをうまく使えば少ないデータのプランでもやりくりすることができちゃいます。

 

 

auプラン (タイプA)

基本データ容量 SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM 通信回線

3GB

今なら6GB

\900

\1600

今なら\1000

au

6GB

今なら12GB

\1520

\2220

今なら\1620

au

12GB

今なら24GB

\2560

\3260

今なら\2660

au

 

docomoプラン (タイプD)

基本データ容量 データ通信専用SIM 音声通話機能付きSIM 通信回線

3GB

今なら6GB

\900

\1600

今なら\1000

docomo

6GB

今なら12GB

\1520

\2220

今なら\1620

docomo

12GB

今なら24GB

\2560

\3260

今なら\2660

docomo

 

 

iijmio(みおふぉん)まとめ

iijmio(みおふぉん)は派手なCMは打っていないので知名度はそんなに高くありませんが、それと引き換えにユーザー満足度が高めの格安SIM事業者です。

回線の安定度にも力を入れており、極端に電波状況が悪い時がないのもおススメできる点です。

データ利用量の繰越ができるのでうまく使えば月額の利用料金をぐっと抑えることが可能!

バーストという機能があるので、低速通信になった時でもある程度のサイトを快適に閲覧することができます。

 

待ち時間なし、不要なオプション加入の必要なしのWeb申し込みがおすすめです。

iijmio(みおふぉん) 公式ページへ

 

 

 - 格安スマホ , , , , ,