【本格】あさりが主役!ボンゴレビアンコの作り方

   

【本格】あさりが主役!ボンゴレビアンコの作り方

 

あさりさえあればとってもおいしくできちゃう!ボンゴレビアンコの作り方をご紹介致します。

ボンゴレビアンコはコツさえつかめば市販のソースは使わずに、美味しく、手早く作ることができます。

手軽さで言えばペペロンチーノにあさりの砂抜きの手間をプラスした程度ですのであさりが特売の日などに積極的にランチなどに取り入れてくださいね。

 

 

材料(2人分)

・活あさり(砂抜きしたもの)            100g

・シーフードミックス                          適量

・にんにく                                           1片

・長ネギ(なくても可)                     1/2本

・オリーブオイル                                  大3

・白ワイン                                        40cc

・水                                                 30cc

 

 

作り方

1.フライパンにオリーブオイル大3をしき、にんにくの芽をとってから薄切りにしたものを弱火で完全に火が通るまで加熱。

こうすることによってオリーブオイルににんにくの旨味を移す。




2.スライスした長ネギを加えてそのまま炒める。

今回は味に厚みを出すために使用していますが、なくても問題ありません。

3.解凍したシーフードミックスを加えて炒める。

シーフードミックスは塩水(3.5%くらい)に漬けて解凍すると旨味が逃げないのでおすすめです。

4.あさりをフライパンに入れ、続けて白ワイン40ccと水30ccを入れたら蓋をして中火から強火で4分程度(あさりの殻が完全に開くまで)蒸し煮にする。




5.このように殻が開きます。

6.あさりの殻が開いて十分に火が通ったらあさりだけ取り出しておく

(あさりを残したまま調理するとテフロンのフライパンにキズが付きやすいうえにパスタを絡めにくいため)



7.パスタを指定時間よりも30秒程度短めに茹でたらそのままフライパンの中で具材と和える。

この時にオリーブオイルをパスタに回しかけてからフライパンの中でよく混ぜ、ソースを乳化させることを目指します。

乳化の詳細はペペロンチーノの記事を参考にして下さい。

 



8.器にパスタを盛ったらあさりを飾り、黒コショウやイタリアンパセリで仕上げればボンゴレビアンコの完成です。

 

ポイント

あさりの塩分がソースの味を決めてくれるのでパスタを茹でるお湯の塩加減は舐めてみて少し塩味を感じる程度がベストです。

ソースの乳化、パスタの茹で方についてはこちらでも詳しく解説しています。

 

あさりの殻はテフロンにキズを付けやすいため、テフロンのフライパンを使う際には極力揺すったりしないほうがいいでしょう。

 

 - あさり, パスタ, 料理, レシピ , , , , , , ,